RSS | ATOM | SEARCH
正行寺改修完成に近づいてきました。
大工仕事が完成し、仏具仕上げ装飾等も、ほぼ完成となりました。江戸時代の棟札には、『河内国交野郡寺村 松平日向守 稲垣淡路守、地頭御代官平岡彦兵衛、年寄り』等の文字が記されています。また棟梁は交野郡星田村の人だったようです。寺村の名の通り、地元のお寺として、ご住職と檀家さんとの協力で維持されてきた事と思います。先々、今回新にした棟札が茶色になった頃、また改修工事に入る大工に恥ずかしくないように、工事を進めたつもりです。末永く改修を加えて、使われ続けることを願いながら、棟札を設置しました。
 





江戸時代の棟札


新しい棟札


 
ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
 
JUGEMテーマ:神社仏閣

 
author:seiki, category:寺社建築, 22:47
comments(0), trackbacks(0), - -
正行寺改修を振り返る(3)
振り返りの3回目になってやっと現在の状態に近づきました。清々しくなってゆく本堂の姿に、日本建築の魅力を日々感じながら作業を進めています。

長押
外陣の長押を取り替え中

仕口
改修工事は、作業場よりも現場で手刻みがほとんどです

天井板
まるで壁板のように見えますが、さにあらず

天井
天井もだいぶ張り上がりました

詳細
細部も念入りに

床貼後
床も張り上がっています

仕上
仕上げにかかっています

須弥壇
須弥壇の補修
 
ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
author:seiki, category:寺社建築, 09:22
comments(0), trackbacks(0), - -
正行寺改修を振り返る(2)
本年度もいよいよ終わり、消費税アップの2014年度が始まりますね。2013年度を振り返ると、酷暑、厳寒の一年でした。その中で調査に始まり、腐朽部分の取替とともに、建物全体の歪みを修正する建て起し、白蟻の防除処理、老朽化の進んだ部分の新装をほぼ終わりました。只今、清々しい本堂の完成を目指して、仕上げ工事の真っ最中です。
 
床解体
床下を大部分撤去した状態

腐食切除
痛んだ構造材を外します

浜縁
柱と梁の歪みを慎重に補正します

建起
構造の補強をしています

防蟻
白蟻防除は念入りにしないと、みんなの努力が水の泡

床下地
床はすっかり組み替えます
ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
JUGEMテーマ:神社仏閣
author:seiki, category:寺社建築, 17:33
comments(0), trackbacks(0), - -
正行寺改修を振り返る(1)
この数年、寺院改修が続いています。今春も交野市の浄土宗寺院の修復が完成に近づきました。前回は昭和52年に改修と棟札にあります。周辺は今も緑豊かで古い民家も多く残っており、地元になくてはならない、故郷の中心のようなお寺だと思います。改修に取りかかってみると、見かけより内部まで腐朽の進んでいた所が多々あり、滑り込みセーフのタイミングで、修復に取り組んでいただけたのが、とても幸いな事と感じました。写真数が多いので、数回に分けて振り返ってみたいと思います。

外観
最初は2012年に調査

棟札
棟札には昭和52年4月修復と記されていました。

縁側
柱や梁、桁、垂木など部材を一つずつ調べます。

床下
床下にもぐって調査をしています。

腐食部
見かけよりも内部の腐朽が激しい。
 
ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
JUGEMテーマ:神社仏閣
 
author:seiki, category:寺社建築, 17:20
comments(0), trackbacks(0), - -
明教寺様竣工写真
先日の法要に先立って、明教寺様の完成写真を撮影させていただきました。
何かと慌ただしくて整理が進まず、遅まきながらになりましたが、アルバムにまとめています。今日は、その一部をお披露目をさせていただきます。

壇
須弥壇

格天井
内陣の格天井

仏間

仏壇

外陣
外陣

外観
外観

JUGEMテーマ:神社仏閣
author:seiki, category:寺社建築, 19:58
comments(0), trackbacks(0), - -