RSS | ATOM | SEARCH
もうすぐ梅雨明け、だが各地に被害

そろそろ梅雨明けかと思うのですが、北九州の集中豪雨では、まだ行方不明の方がおられるとかで、本当に心が痛みます。

 

日本の地下ではプレートが押し合いへし合いしているらしく、このところ震度5レベルの結構強い地震が続いているし、しょっちゅう台風が来るし、すごい立地条件にある国土ですね。


九州の大雨で川が氾濫した結果、浸水だけでなく流木で被害拡大というニュースを見て、つくづく難しいものだなと思いました。自分の家の周辺の状態を考えて、住まいを選ばれると思うのですが、地区の橋など土木の老朽化の影響も有ったりと、もう個人の力ではどうにもなりません。

 

亡くなられた方々の、ご冥福を心からお祈りします。

 

『NHKWEB特集 流木の脅威と対策は』

 

■参考動画:朝日新聞社

【大雨特別警報】福岡・大分などで11人安否不明 九州北部で記録的大雨

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。

 

 

 

 

author:seiki, category:ひとりごと, 17:07
comments(0), trackbacks(0), - -
暑いですね!夏至の日の日照時間

しばらくブログからご無沙汰しているうちにすっかり暑くなりました。

 

今年の夏至は6月21日だそうですが、ここで一つクイズです。

 

【問い】北緯35度の地点における夏至の日の日照時間は,北向き外壁より南向き外壁のほうが短い?

 

【ヒント】暑いからとイメージに惑わされないように。

 

 

【答え】○ 

 

【解説】夏至の日の可照時間は,南向き鉛直面(外壁)で7時間(午前8時半〜午後3時半),北向き鉛直面(外壁)で7時間28分(日の出から午前8時半までと,午後3時半から日没まで)。北向き外壁面より南向き外壁面のほうが短い。

 

だから南向きが好まれる。そして縁側の庇は、夏は室内の奥には陽が入らず、冬には奥まで入れてくれる優れものです。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。

author:seiki, category:ひとりごと, 19:10
comments(0), trackbacks(0), - -
虫も活動を始める「啓蟄」

立春とか、春分ほどには意識しませんが、2017年は昨日が「啓蟄(けいちつ)」でした。

 

 *「啓蟄」二十四節気の一。現行の太陽暦で3月6日頃。二月節気。

  また,このころ冬ごもりをしていた虫が穴から出てくることをいう。

  (三省堂 大辞林)

 

そうか、虫も暖かくなって活動を始める節目なんですね。新年度に向けて、色々なことが新しく始まります。

 

そういえば特急「サンダーバード」も、3月4日からJR高槻駅に一部ダイヤで停車するようになり、富山方面へ気軽に行けるようになりました。

また、高速道路も新名神の工事が、やや遅れ気味ながらも確実に進んでいて、本当に開通が楽しみです。

 

当社の成合作業所に通うたびに、ダイナミックな開発の様子を目の当たりにして、高槻も大いに発展するし、他の地域とのアクセスも格段に良くなって行くと、ワクワクします。

 

成合にある土地と建物は、現在は当社の作業所として利用中ですが、こんな風に様々な便が良くなると、もっと他の面での活用を考えることも可能と思い、「高槻北多目的スペース」と名付けてデーターをWEB上に公開中です。もし一度現地を見てみてもよいなあと、関心をお持ちいただけましたら、サイト内のお問い合わせフォーム、またはお電話で、ぜひお気軽にお問い合わせください。

(目的やご予算により、柔軟にご相談させていただきたいと思っています。)

 

高槻北多目的スペース https://gallery-mirai.jimdo.com/

TEL:072-688-1778 成喜建設(倉本)

 

サイト

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。

author:seiki, category:ひとりごと, 13:25
comments(0), trackbacks(0), - -
1月から2月へ

もう1月が終わり、2月に入りますね。なんて時の経つのが早いことかと思います。まだまだ寒いですが、蝋梅や梅の便りもちらほらあり、春は近づいてると思います。

 

1月には初詣や、十日戎で神社に参拝される方が多かったと思います。地元の神社だけでなく、有名神社に足を伸ばされた方もあるかもしれませんね。

社寺建築は、ごくまれに一心寺のような鉄筋コンクリートの寺もありますが、ほとんどが木造で、しかも長年の使用に耐える建物です。古人の知恵と努力に本当に感心すると同時に、頭が下がります。普通の人は参拝が目的ですから、心を込めて「家内安全」とか「試験合格」、「目標成就」をお祈りしてスムースに帰られるわけですが、建設関係者の場合は、その建物の脇に回ったり細部をじっと見ていたりしてなかなか帰れません。さっさと動かずに軒裏を見上げていたりして、邪魔になっている人がいたら、大工かもしれないと大目に見てくださいね。

 

動画は故西岡常一棟梁の「私の履歴書(後編)」です。薬師寺の工事は今も続いていて、完成は2020年だそうです。

80歳を越しても現場を見回られたとのこと、多分今もお弟子さん達の仕事ぶりを遠くで見守っておられることと思います。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
 

ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。

author:seiki, category:ひとりごと, 00:27
comments(0), trackbacks(0), - -
謹賀新年

謹 賀 新 年

 

本年もどうぞ宜しくお願いします。

 

新服神社

神服神社

 

今年は日曜日から新年が始まって、すぐ「成人の日」「十日戎と」行事が続いて、あっという間に鏡開きですね。

大変ご挨拶が遅れてしまいましたが、今年もコツコツと誠実に仕事に取り組んで参りたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

 

鏡餅

 

【鏡餅】正月の鏡餅を下げ,砕いた小片を雑煮や汁粉に入れて食べる祝い。主として1月11日の行事。古くは1月20日に行われていたが,江戸時代に3代将軍家光の忌日が20日であるため11日に改められたという。武家では甲冑を納めた櫃を開く具足開きが,町家では蔵開き,帳祝いが行われ,鏡餅を下げて主従や家族どうしで共食し,互いの関係を密にした。農家でも田打正月,鍬初めなどといって田畑に初鍬を入れ,そこに松や鏡餅の砕片を供えたり,臼起しといって暮に伏せた臼を起こし儀礼的に米つき等の作業をすることが行われ,同時に雑煮や汁粉を食べた。  (世界大百科事典:「鏡開き」より) 

 

ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ

author:seiki, category:ひとりごと, 09:02
comments(0), trackbacks(0), - -