RSS | ATOM | SEARCH
大丸百貨店心斎橋店の見納め
2016年からの建て替えのため、ダイヤモンドの1000万円均一とか派手な売り納めを開催中の、大丸百貨店に行ってきました。江戸時代の資料を基にした、人形作家さんによる昔の店舗の様子を表現した作品や、古い写真・ポスター等の展示で、しばしタイムスリップを楽しみました。大丸は1717年創業(京都)で、1726年心斎橋店開店、1922年(大正11年)に現在の建物が建てられ、1933年(昭和8年)に新増築工事が完成したそうです。今回の建て替え後、次は半永久的に、この素晴らしい意匠が、保存されるのだろうか。欧米では、地震がないとはいえ、中世の建築が今も健在ですが、今後そんな風に長寿命になるのなら今回の建て替えも意義あるでしょうが・・。外観と内部の一部は保存されるそうですが、どこまでうまく生かされるのか、良い方向へと期待しています。東京でも2015年9月に、和の感覚が生かされた近代建築の名作、ホテル オークラが建て替えのため、あっさりと取り壊されました。維持管理にはコストがかかる割に、利益が生まれないのでしょうが・・2つの名建築が本当に惜しまれます。

大丸の歴史(大丸百貨店公式サイト)
 
大丸の一階はそれ自体がシンボルでは?
 
江戸時代の資料を基にした、人形作家グループの作品
(中西京子とやまと鳳人形スタジオグループさん)


昔の広告(若き中村玉緒さん)

光アップ
ライトアップ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。
 
JUGEMテーマ:建築
author:seiki, category:建築の保存・再生, 14:44
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.seikikensetsu.co.jp/trackback/1423019