RSS | ATOM | SEARCH
城南宮で『枝垂れ梅と椿まつり』開催中
3月末まで、京都市伏見区の城南宮さんで、
 
『枝垂れ梅と椿まつり』開催中です。

開催日時 2月18日〜3月22日

城南宮は新築・改築など、建物にまつわる節目に参拝するのが通例になっていて、建築関係者は大いにお世話になっている神社です。
写真は2月の初めに参拝した時のもので、花はまだだったのですが、広々とした境内には、ほとんど我々しかいない状態で、その広大さ静けさを満喫できました。神社建築を見ると、建築や庭園は人の心に、本当に大きな影響を与えるなあと、しみじみ思います。
もし、これが極端な話、密集地にプレハブで建っていて、ネオンサインで『城南宮』と書いてあってチカチカしたりしたら、同じ本尊があり宮司さんや巫女さんがおられても、誰も祈りに来ないだろうな、なんて考えてしまいました。

なんでも内容と器が渾然となって味わいが深くなる、お料理のようなものなんでしょうね。

 
本殿

境内
 

期間中 午前10時より神楽殿表舞台にて梅が枝神楽を奉納します。

土曜日・日曜日は午前10時に加え、午後3時にも行います。

梅が枝神楽の後には健康・招福祈願の 花守り(初穂料千円)を

表舞台で巫女がお一人お一人を神楽鈴でお祓いをしてお授けします。

当該時間以外は、御守・御札の授与所にてお受けください。


以上、城南宮HPより

城南宮 京都市伏見区中島鳥羽離宮町 7
*Wikipedia*
転居、旅行の厄除けから転じて交通安全の神としても広く信仰されており、毎年7月には自動車の茅の輪くぐりが行われる。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。
 
JUGEMテーマ:神社仏閣
author:seiki, category:イベント, 17:09
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.seikikensetsu.co.jp/trackback/1423007