RSS | ATOM | SEARCH
茶室 起こし絵図展
お水取りが終わり、暖かくなってきましたね。天神橋筋6丁目の『大阪くらしの今昔館』で、建築関係者必見と言っても良いほど、面白いイベントが開かれています。

『茶室 起こし絵図展』

平成25年3月9日(土)〜4月7日(日)

※開催期間中の休館日 3月12日・18日・19日・21日・26日、4月2日

起絵は、江戸時代の紙製の建築模型。畳むことができ、とても合理的です。

起絵

この『大阪くらしの今昔館』は、ビルの中に昔の町並みを再現したフロアや、ギャラリーが併設されています。なかなかよく出来た町並みなのですが、やっぱり普通に街の一角にこういう所を作るか、船場だけでも広域で(倉敷のように)町並みを保存して欲しかったなあ〜と、タメ息です。

常設展示がとても良くわかるブログ:はんたろうの阪急沿線てくてく撮り歩き

ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

author:seiki, category:イベント, 23:01
comments(4), trackbacks(0), - -
Comment
早速、3/20日に行ってきます。情報有難う。
さろん昭和40ねん, 2013/03/15 2:43 PM
さろん昭和40ねんさん、コメントありがとうございます。あまりマメに更新できていませんが、また、ぜひお立ち寄り下さい。
seiki, 2013/03/15 3:07 PM
行って来ました!
3D_CADやん ってカンジでした。
仕事でも、プライベートでも、相手にイメージさせる事の大切さを再認識しました。
ありがとうございました!

久々の天六商店街もウハウハでした(^^)
mambo, 2013/03/20 5:39 PM
mamboさん、コメントありがとうございます。とてもシンプルな3Dですよね。畳んでコンパクトに保存できるし、観るのに、PC等のスイッチ入れたり、電気を使ったりしないので、スピーディー+エコ。工夫プラス風流、日本人の住いや街づくりには、これがぴったりの手法と思えますね。
seiki, 2013/03/22 2:50 PM









Trackback
url: http://blog.seikikensetsu.co.jp/trackback/1422960