RSS | ATOM | SEARCH
お寺の現況調査
 3月初旬から、大阪市内にあるお寺の現況調査をさせていただいています。当社が昨年まで3年越しで修復を担当させていただいた、高槻のお寺さんのご紹介です。前回は昭和30年代後半(1960年代)に手を入れておられますが、それから50年以上経て、補修と耐震補強が必要となっています。調査をしていると、昔はどう考えて施工したのかと良い勉強になり、なんだか昔の棟梁と一緒に仕事をしているような気持ちになります。

寺
親鸞聖人像があります。

内部
内部の金箔も年月は経ていますが、丁寧な施工で渋い美しさがあります。

棟札
昭和37年の文字がある棟札を見ています。


創建は文明年間(室町時代)といわれる歴史のあるお寺ですが、現存の元となる本堂は安永9年(1780年)に再建されたようです。

《最近の施工例アルバム公開中》
http://picasaweb.google.co.jp/seikikensetsu


ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

JUGEMテーマ:家庭
author:seiki, category:建築の保存・再生, 20:02
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.seikikensetsu.co.jp/trackback/1422890