RSS | ATOM | SEARCH
建築大工の道 3 棟梁として
 倉本工務店としての本格的な営業は、昭和48年のオイルショックの時でした。資材不足で建築費が高くなった時期でしたが、お客様からは反対に「値上がりするから早く契約してほしい」と次々と発注を頂き、今思えば大変有難いことでした。
 創業20年目を迎えた平成3年、法人化するにあたって社名を「成喜建設株式会社」と変更し新しいスタートを切りました。現在はそれからさらに20年近い社歴を刻んできました。この間に経済情勢の激変があり、阪神大震災等を経て建築基準法の大改正など、建築業界にとって大変厳しい状況の変化が起こっています。長い間には、お施主様と気持ちをひとつにして、成喜建設の持ち味を生かした建築を創らせていただく、有難い機会にも恵まれましたが、正直言いますと多くのお叱りも頂戴しました。そのことを研究課題として受け止めて、解決することによって技術の向上と心の成長ができたことに感謝しています。
 大工道具一式を担いで故郷から大阪に出た時には、思いもしなかったほど、規模も構造も様々な建築に取り組向む機会を頂きました。伝統和風からモダンデザインまでの様々な住宅、公共建築、マンション、店舗、工場や倉庫、そして神社仏閣はもちろん、古民家の改修にも力を注いでいます。また初期の仕事は汲み取り式トイレの改修から始まった事を、今でも大切に心に刻んで、棚1つ、手すり1つのりフォームまでどんな仕事でも走り回っています。
 これからも「信頼と真心で創る」を第1のモットーとして、日本の風土に合った、お客様に喜んで頂ける建築を研究し続けたいと念願しています。また神社仏閣など古来からの建築にもコツコツと取り組み、大工修行の入門以来、親方に仕込まれた伝統的建築技術を若い世代に伝えてゆきたいと思っています。最後に成喜建設をここまで育てて下さったお施主様、苦楽を共にして建築を作り続けてきた、設計、設備などの多数の協力会社の関係者にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。
author:kura, category:私の履歴書, 01:15
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.seikikensetsu.co.jp/trackback/1196778