RSS | ATOM | SEARCH
宮崎県産材販売促進フェア
 昨日ヒルトン大阪で開催された「宮崎県産材の販売促進フェアー」に行ってきました。宮崎県と宮崎県木連の協催で、住宅建設関係の100名を超える参加者と主催者の熱意でなかなかの盛会だった。みやざき杉(飫肥杉)の特性やその活用・宮崎県木材技術センターの研究成果などについて、有馬孝禮所長(東京大学名誉教授)からの解説があり、改めてみやざき杉の性能と最新の乾燥技術などを学ぶことができた。東国原知事も県産材の品質の高さをトップセールス。宮崎県は昨年まで17年連続でスギ生産日本一で、昨年は71万6千立方メートルを商品化。63%に当たる45万立方メートルを県外に出荷し、このうち3万6千立方メートルが関西に出荷されており、東国原知事も県産材の品質の高さを、大変な熱意にでPRしておられ、学はせて頂くことの多い充実したフェアーだった。
産直2詳しい資料を用いての技術解説

産直パネル・展示などの豊富な資料

産直3東国原宮崎県知事と歓談の機会を頂いた
author:kura, category:見学・研究会, 05:12
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.seikikensetsu.co.jp/trackback/1188090