RSS | ATOM | SEARCH
日本の古き良き 「先人の知恵」 地震大国の建築技術 [小林建工]
桜満開で移動中にあちらこちらで花見を楽しめる、日本最高の季節ですね。
現場作業も今が一番気持ちよくできる時です。

ところで、日本建築らしい建築事例が年々減っています。日本建築の大工技術は、図解などがあっても、実地で現場経験を重ねないと、理解や習得ができません。また他の分野の方々にポイントだけでもお伝えしたいと思っても、なかなか難しいです。
当社でも、なるべく写真などを撮っていますが、工事はどんどん進めないといけませんし、作業に追われがちで良いタイミングを捕まえるのは難しいものです。撮影担当者を専従で置く位でないとうまく残せないのに、そうもいかないのがつらい所です。

先日四国の工務店さんで、工事の内容や規模も立派な会社が、素晴らしい記録を作られているの知りました。Youtubeに動画を多数掲載しておられますので、最近の動画を一つご紹介します。良くここまで、丁寧に記録・編集されたものだと感謝しています。いくら見ていても飽きず、涙が出そうな位立派な技術事例と記録です。制作と発表、感謝します!『ありがとう!小林建工さん』
 

 
小林建工 HP http://www.kobayashikenkou.jp/
 
ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
JUGEMテーマ:建築
author:seiki, category:建築関連最新情報, 01:00
comments(0), trackbacks(0), - -
住宅着工件数2年ぶりに増加
 久々に、ちょっと明るいニュースです。ようやく景気も薄日が差してきたのでしょうか。
 国土交通省が31日に発表した2010年の新設住宅着工戸数は、09年比で3・1%増の81万3126戸となり、2年ぶりの増加となった。

 住宅エコポイントの導入や住宅ローン金利の優遇策などの効果があったとみられる。ただ、100万戸を超えた08年の水準にはほど遠い状況だ。

 内訳では、「持ち家」が7・2%増の30万5221戸、「分譲住宅」も19・6%増の20万1888戸とそれぞれ2年ぶりに増えた。「貸家」は7・3%減の29万8014戸と2年連続で減少した。

(2011年2月1日 読売新聞)

 政府も、新築・リフォーム共に色々な施策で援護しようとしているのはよくわかるのですが、まだ浸透は不十分な気がします。諸条件をクリアーするのがなかなか難しそうに感じられるのですが、せっかくの支援策、活用出来る時期を逃したら勿体無いです。どうぞお気軽に、当社までお問い合わせ下さい。

《最近の施工例アルバム公開中》
http://picasaweb.google.co.jp/seikikensetsu


ブログランキングに参加しています。クリックの応援を、お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
author:seiki, category:建築関連最新情報, 00:53
comments(0), trackbacks(0), - -
住宅リフォーム支援制度
 鏡開き、蔵開きの11日となり、松の内もあと数日で終わりですね。新しい年に住まいのリフォームが出来ると良いのだけれど、予算的にどうかなあと思案中の方もおありかと思います。最近はリフォーム関係の支援策が続々と打ち出されています。生活の変化に合わせて、適度なリフォームをする事は、住む人に活力を生み出します。さらにバリアフリーリフォームや、耐震、断熱性UPでCo2削減、減税などで経済も活性化など、色々なプラス効果を目指しての政策ということですね。ただ、多すぎて少々解りづらいのがつらいところです。総合的な案内冊子「住宅リフォーム支援制度ガイドブック」を、ご用意していますので、どうぞ当社まで、お気軽にお問い合わせください。

ガイド
(住宅リフォーム推進協議会発行)
author:seiki, category:建築関連最新情報, 22:48
comments(0), trackbacks(0), - -