RSS | ATOM | SEARCH
ソーラーアーク+太陽電池科学館
 一月末から節分までの数日が一年で一番気温が低いらしいですが、1月の暖房費にビックリです。最近は新築時にソーラー発電を取り入れることが多くなりましたが、やはり住まいづくりにもエコロジー志向は大切ですね。
 18、19日は、ちょうど三洋電機 ソーラーアークの見学会があったので、省エネについてもっと勉強したいと、張り切って参加しました。また道中で、彦根市で開催されている「私の町の戦国」というイベントや式年遷宮の営まれている伊勢神宮も訪ね、知っているようで、深くは知らないことがいかに多いかと驚きました。3回に分けてご紹介します。
 平成13年に三洋電機が岐阜事業所に世界最大規模の太陽光発電システムで巨大な「箱舟」をイメージした「ソーラーアーク」を完成させ、同時に太陽電池科学館「ソーラーラボ」がも併設されています。ソーラーアークの中央内部に抱え込まれる形で造られた科学館は、太陽光発電や太陽電池について楽しく学びながら環境問題を考える体験型の学習施設で、展示の仕方もすばらしく、自然の力と人間の技術力との限りない可能性を実感できます。

山陽


【所在地】岐阜県安八郡安八町大森180 (見学は要予約です)

参考:太陽光発電普及拡大センタ

《最近の施工例アルバム公開中》
http://picasaweb.google.co.jp/seikikensetsu


ブログランキングに参加しています。クリックの応援を、お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
author:kura, category:建築豆知識, 00:42
comments(0), trackbacks(0), - -
耐震改修へ国が一律30万円補助
 耐震改修へ国が一律30万円補助というのは、昨秋のニュースなのですが、22年度の耐震改修工事については、期日(2月末)が迫っているので、ご自宅が該当するかも!と思われる方は、チェックをお忘れなく。

 今は特に建物の耐震性向上や環境対策、良質な住宅ストックを目指して、驚くほど多くの住宅関連の政策が打ち出されています。それに景気対策も加え、これだけの優遇措置を受けられることは、今までになく、今後も恐らくないと思われますので、お住まいの耐震性がちょっと気にかかるなあと思われる方は、早急にアクションを起こす価値はあると思います。

◎地方自治体と国の補助との合計で、かなりの金額になります。
国 :住宅・建築物耐震化緊急支援事業実施支援室:一律30万円
地方:高槻市の例(各自治体によって異なります)
   《木造住宅の耐震改修工事費を補助します》:最大60万円
          高槻市都市産業部 開発指導室 建築指導課

高槻市ホームページ緊急支援のお知らせ:PDFより

*お気軽に当社までお問い合わせ下さい。耐震診断や手続きのお手伝いもさせていただいております。→成喜建設へのお問い合わせ

《最近の施工例アルバム公開中》
http://picasaweb.google.co.jp/seikikensetsu


ブログランキングに参加しています。クリックの応援を、お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
author:seiki, category:建築豆知識, 00:47
comments(0), trackbacks(0), - -
薬液注入による地盤改良工事
 古くからのお施主様のT様邸で、薬液注入地盤改良工事を行いました。地盤は建築時に十分強度を確認して建設するのですが、周囲に田畑が広がっていたのに、近くに大きな建物が建ったり、住宅密集地に変わるなど、状況が変わると、地下水の流れが変わったりして、長い間には元の強度を保てなくなる事があります。案外、現地から離れたところの変化が影響することもあり、予測しきれない事も起きます。
 このため、最近は事前の地盤改良は相当入念に行いますので、どんな大きな建物を建てるのかと思っていたのに本工事が始めると木造だったと、ご近所の方が驚かれるほどです。また、かなり以前の建物で、環境変化が地盤に影響した時の対策は、従来は大変難しくコスト負担も大きかったのですが、最近は薬液注入工法が普及して、小規模な工事にも施工できるようになりました。万一、地盤が沈下した場合にも建物をジャッキアップするのではなく、地盤自体を復元させる事が出来ます。今回は入念な調査の上で、3m程度の深さまで穿孔し、地盤改良用の樹脂を注入して約10センチ近く復元しました。
 阪神淡路大震災以降、耐震性向上のために、構造や地盤改良については非常に進歩したと思います。建物の耐震性アップのために、ビルなどでは後施工アンカーによって補強用の構造材を取り付けたり、木造建築でも補強金物を一定の基準で使用するなど、様々な改良が行われています。
 研究工夫によって道は開けるということ。しかも、それは建築分野だけでなく、化学の力も借りての総合力です。使うべきところには新しい技術に目を向けて、どんどん取り入れて行く必要がありますね。

機械
注入用の機材、セメント等の搬入

穴開
注入用の穴を数メートル下まで掘りげ

注入
薬液注入中です

床下
床下の補強も同時に施工しました。

《最近の施工例アルバム公開中》http://picasaweb.google.co.jp/seikikensetsu

ブログランキングに参加しています。クリックの応援を、お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
author:seiki, category:建築豆知識, 18:55
comments(0), trackbacks(0), - -
吉野杉
《お盆は12日(木)〜15日(日)まで、お休みをいただきます。どうぞよろしくお願いします。》

 先週は吉野へ行ってきました。吉野杉(よしのすぎ)は、奈良県中南部の吉野林業地帯(主に川上村、東吉野村、黒滝村)で産出される名高い杉。この一帯は日本三大美林と言われていて、なだらかな山並みと深い緑に本当に心が安らぎます。
 杉は年輪幅が狭く、まっすぐで、手に持ってみると驚くほど軽いことを活かして、桶や、天井材、建具等に多く用いられています。それに加えてかなりの強度も有るので構造材にも使えるという優等生です。中でも吉野杉は緻密な木肌と、色目の良さなどから、高く評価されています。また、爽やかな香りと肌触りは、高温多湿の日本にぴったりの素材です。
 先日もお客様から、今年まだエアコンを使っていないという、嬉しいお言葉をいただきました。こんなお住まいが少しでも増えますよう、今後も頑張ってゆきたいと思います。

吉野

丸太


最近の施工例をウェブアルバムで御覧下さい▶http://picasaweb.google.co.jp/seikikensetsu

↓ブログランキングに参加しています。クリックの応援を、お願いします。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログへ
author:seiki, category:建築豆知識, 10:27
comments(0), trackbacks(0), - -
瑕疵担保保険
 今日、偶然昔からのお客様と出会ったら、ご家族がマンションを購入されるらしく「10月1日から新しい法律が出来たらしいですね、正式にはなんて言う法律でしたっけ」と、尋ねられました。「『住宅瑕疵担保履行法』ですが…」「それだ!難しい名前ですね。」「これでも略称なんですよねぇ…。」
 これまでも「品確法」という法律で、新築住宅には構造や雨水の侵入する部分の10年保証が義務づけられていましたが、この法律では、業者が倒産したり、瑕疵と認めなかった場合には、裁判などの手段をとるとか、かなり対処方法が難しくなる場合が有りました。
 折角10年保証と言っても、その実効性が充分でないケースがあり得たため、今回の新しく「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(通称−住宅瑕疵担保履行法)」という法律が制定され、新築住宅を建てたり、販売する住宅供給業者は『瑕疵担保保険』に加入が義務づけられたわけです。これによってお施主様にとっては大まかに2つのメリットが有ります。
(1)住宅会社が倒産しても、瑕疵が認められれば、保険から2000万円まで、補修のための工事費が支払われる。
(2)瑕疵かどうかで争っている間も、無料相談を受けられたり、各都道府県に設けられた弁護士会による斡旋や調停を、比較的低額で受けることができる。
 これによって住宅建築に安心な制度が整った訳ですが、出来るだけ保険のお世話にならず、無事に過ごしたいもの。それにはやはり、お施主様には家造りのパートナーとして実績のある建設会社を選んで頂き、任された側は信頼に全力でお応えする事!ですね。

参照:住宅瑕疵担保履行法-国土交通省
   財団法人住宅保証機構
   住宅サーチ 初めてのマンション購入 トレンドウォッチ
   よなはら家の古民家日記 住宅瑕疵担保保険

↓ブログランキングに参加しています。ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
author:kura, category:建築豆知識, 00:07
comments(0), trackbacks(0), - -