RSS | ATOM | SEARCH
ホーミー教室
「人は住まいを造り、住まいが人を造る」

 工務店は、お住まいの計画に当たって、ご要望を細かくうかがって、プランを練り、図面と完成パースなどに基づいて、お住まいの打ち合わせをします。これはどの建設会社でも程度の差はあっても同じはずですが、当社ではそれに先立って、住まいの基本的な考え方を確認して頂くために、ホーミー教室にご参加頂いています。

教室
子育て中のご家族ためのホーミー教室

「ホーミー教室」って聞きなれない言葉ですし、「〇〇教室」って勉強みたいで、堅い感じを受けられる方もあるかもしれません。でも実際は、住まいづくりの、原点を確かめていただくための、和やかな談話会です。もちろん、最新の住まいづくりの知識はお伝えするのですが、それより前に立ち戻って、素材のこと、断熱性や通気性のこと、ご家族のコミュニケーションのことなど、ちょっと他では見過ごすようなことを、大切にしていただくための、すりあわせに時間をかけます。言い換えると、心やすらぐ我家を造りませんかという気持ちを、共有するために参加していただいています。

《最近の施工例アルバム公開中》
http://picasaweb.google.co.jp/seikikensetsu


ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ


JUGEMテーマ:注文住宅


author:seiki, category:見学・研究会, 14:44
comments(0), trackbacks(0), - -
彦根『わたしの町の戦国』
 太陽電池科学館へ行く道中で、彦根城に立ち寄りました。さすがに世界遺産暫定リスト搭載というだけあって、いつまで眺めても去り難い優美な姿です。また城内の開国記念館で開催されている「わたしの町の戦国」も見ごたえがありました。あまり知られていない小さな城が多数あった事に驚き、昔の勢力争いの激しさがうかがえました。その頃の人にとっては国取りが最大問題で、そのために命を落としたりしているのですが、小さな国土の中で同じ民族同士で争っていた訳で、今考えると人間の愚かな側面ですね。日本は刀や槍のような単純な武器の時代に、その内戦状態が治まって幸いでした。武将は直接戦場に行って命を落すこともあるし、戦の後の身の処し方は、切腹したり仏門に入ったりと潔い。だから戦いのための建築物である城が、こんなにも美しい姿をしているのかなと思います。
 現在も内紛状態の国もあるし国同士の紛争も絶えないですが、近代兵器は多数の一般人を巻き込み、首謀者も戦国武将のように身を以て戦いの責任を取る訳では無いですから、平和の訪れは遥か彼方のような気がしますね。闘争心は原始時代には必要な事だったでしょうが、人間同士でありながら譲り合わず、いまだに話合いで解決出来ないなんて…と色々考えさせられました。

天守
遠くに天守閣が見えます。

彦根
雪のお城は、普段より一層風情があります。

■会期 平成22年6月12日(土)〜平成24年3月31日(土)<予定>
(会期は来年の3月末までとかなりゆとりがあります)

参考:彦根城HP開国記念館

《最近の施工例アルバム公開中》
http://picasaweb.google.co.jp/seikikensetsu


ブログランキングに参加しています。クリックの応援を、お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ


↓内容紹介(HPよりの引用です)
続きを読む >>
author:kura, category:見学・研究会, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
木造住宅の耐震診断と補強方法講習会
 先週、「木造住宅の耐震診断と補強方法講習会」(主催:財団法人日本建築防災協会)を受講しました。阪神淡路大震災の後も、大きな地震は各地に起きている日本。講習会の後、もう一度テキストを見直しながら、耐震診断と補強は本当に急務だと感じました。
〈東海・東南海・南海地震等大地震発生の逼迫性が指摘されるとともに、首都圏など何時何処で起こるかわからない直下型地震の発生も危惧されています。建築物の耐震診断、耐震改修は喫緊の課題です。わが国の住宅(非木造含む。)のストックは4950万戸といわれ、そのうち耐震性が不足している住宅は1050万戸といわれています。この耐震性が不足している住宅のうちの多くが戸建木造住宅と考えられます。(講習会案内書より)〉

家

表
土塗り壁の耐震性能はかなり高いです。


※当社では随時、耐震診断を受け付けています。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


《最近の施工例アルバム公開中》http://picasaweb.google.co.jp/seikikensetsu

ブログランキングに参加しています。クリックの応援を、お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
author:seiki, category:見学・研究会, 15:47
comments(0), trackbacks(0), - -
「みやざきの木」見学会
 週末の7日(土)、8(日)に「みやざきの木」見学会がありました。最初は参加予定で楽しみにしていたのですが、伐採場にも行くので諦め、家内にピンチヒッターを任せました。お客様の声も色々伺う事が出来き、様々な見学先の木材活用への取り組み、宮崎神宮や日南海岸のおおらかな風景も楽しかったそうです。

宮崎神宮
クリックして▶Webアルバムもご覧ください。

↓ブログランキングに参加しています。ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
author:kura, category:見学・研究会, 23:15
comments(0), trackbacks(0), - -
宮崎県産材販売促進フェア
 昨日ヒルトン大阪で開催された「宮崎県産材の販売促進フェアー」に行ってきました。宮崎県と宮崎県木連の協催で、住宅建設関係の100名を超える参加者と主催者の熱意でなかなかの盛会だった。みやざき杉(飫肥杉)の特性やその活用・宮崎県木材技術センターの研究成果などについて、有馬孝禮所長(東京大学名誉教授)からの解説があり、改めてみやざき杉の性能と最新の乾燥技術などを学ぶことができた。東国原知事も県産材の品質の高さをトップセールス。宮崎県は昨年まで17年連続でスギ生産日本一で、昨年は71万6千立方メートルを商品化。63%に当たる45万立方メートルを県外に出荷し、このうち3万6千立方メートルが関西に出荷されており、東国原知事も県産材の品質の高さを、大変な熱意にでPRしておられ、学はせて頂くことの多い充実したフェアーだった。
産直2詳しい資料を用いての技術解説

産直パネル・展示などの豊富な資料

産直3東国原宮崎県知事と歓談の機会を頂いた
author:kura, category:見学・研究会, 05:12
comments(0), trackbacks(0), - -