RSS | ATOM | SEARCH
竹中大工道具館で土壁の実演と展示が行われます。

竹中大工道具館で 『土のしらべ』---和の伝統を再構築する左官の技---が、9月3日(土)〜11月6日(日)まで開催されます。

左官が道端で土と藁を練ってる風景などは、トンとみられない昨今ですが、この催しでは9月11日(日)までの期間、実際に土壁を塗って完成していくという工程の実演が見られるそうです。農作業で出る藁、日本の各地で採取できる壁土が、実に日本の風土に合った壁材となって、調湿機能の高い趣のある家を作ってくれたんですね。茅葺に土壁と三和土のある家は、夏もひんやりしていました。お客様のお住まいで、デザインはモダンでも、壁を漆喰仕上にした場合は、空気が心地よいと感じます。先日は、氷の保存に大鋸屑が大活躍しているのも知ったし、やっぱり自然材の活用を忘れないでいたいと思います。

 

左官表

 

左官裏

 

■竹中大工道具館 公式サイト http://www.dougukan.jp/information

 神戸市中央区熊内町7丁目5−1

開館時間 9:30〜16:30(入館は16:00まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日〜1月3日)

*料金は一般500円(学生割引などあります) 詳細は公式サイトをご参照ください。

 

ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ

author:seiki, category:ひとりごと, 15:16
comments(0), trackbacks(0), - -
日光の天然氷と大鋸屑

暑いですね!西武高槻店の地下で、日光の天然氷のかき氷を販売していたのに、偶然出会いました。「四代目徳次郎」という氷屋さん。全国各地の百貨店に出店するほか、有名カフェにも氷を販売しておられるとか。

近畿でも阪急百貨店の三田・川西・宝塚店などに出店するが、8月中ごろまでの一週間程度で終わり、8月末までの西武高槻店が一番長いらしいです。

 

かき氷

マンゴにしました。

 

ビデオ

竹のレール上を滑らせて、池のそばの氷室に入れます。


売場

地下一階の真ん中ぐらい。

 

キリッとしたお兄さんが、店頭に立っておられたので、どうやって天然氷を保存しているのか聞いてみると、氷室にぎっしり入れて大鋸屑(おがくず)で覆うんだそうです。そうすると大鋸屑が適度に水分を吸い、それが蒸発する時に気化熱を奪うので、溶けにくい。8割くらいの氷が何の冷却設備なしでも夏まで保つそうです。店頭で天然氷製造(採取)の動画を流しておられたので、じっくり見ていたら、切り出しや運搬も説明してくれました。竹で作ったレールの上を滑らせて氷を池から氷室に運ぶとのこと。金属のレールなどではダメなのかと尋ねると、竹には適度な弾力性があり、表面も滑りすぎないから作業しやすいらしい。なるほど!自然材って良くできています。まあ味にも影響しそうですね。大鋸屑なら大工工事には付き物だから、毎日大いに掃いて捨ててきたが、昔はそういえば、籾殻や大鋸屑がいろんなところで活躍していたものですね。とてもきめ細かく口の中でスーッと溶ける、美味しい天然の氷でした。

 

◆『四代目徳次郎』公式サイト http://tokujiro-4th.com

 

ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ

author:seiki, category:ひとりごと, 17:46
comments(0), trackbacks(0), - -
吉野の古民家をご紹介します
住まい手を待つ素敵な古民家は、全国に多数あると思いますが、先日当社の長年のお客様の、故郷のお家を見せて頂いた時は、本当にその佇まいに、大袈裟かもしれませんが、「感嘆」の言葉しか思い当たらないほどでした。

山林や畑を含めた敷地の規模もゆったりして、しかも建物も古すぎず、洋間もあるようなお宅です。
図面などもあるために、別のサイトを作成させていただきましたが、ここにも少しだけご紹介します。

こんな家屋敷があって、みな緑豊かな故郷で四季を楽しみながら生活していたのは、ほんの少しだけ前のことなんですね。きっとこういうお家を探しておられる方があると思います。ぜひお気軽に、当社までお問い合わせください。

サイト:吉野の民家 緑豊かな環境に建つ古民家
 
外観

土間

庭

所在地:奈良県吉野町和束
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。

 
author:seiki, category:ひとりごと, 21:54
comments(0), trackbacks(0), - -
大蔵司事務所2Fショールームの御紹介
成喜建設株式会社は、大蔵司に事務所が、成合に作業所+倉庫があります。成合倉庫には大判の無垢板をストックしております。
また当社は長年地域の皆様に可愛がっていただき、工事実績が多数あるのですが、めったにみなさんにご覧いただくことができないため、実際の建築例である当社事務所の2階でご覧いただくのが一番実感が伝わりやすいのではないかと思い、簡略ですがアルバムを展示して、ショールームにしています。お近くに来られることがありましたら、一度お気軽にお声をかけてください。

大蔵司事務所2階のショールーム内部の様子と、代表的な和風建築のアルバムを一例ご紹介します。他の作品例は、また合間を見て、ブログに掲載したり、ホームページの作品集を追加したりしていこうと思っています。
 
大蔵司2階
ショールーム内部
 
外観
高槻M様邸の外観
 
構造
構造(竹小舞を組んでいます)
 
庭
お庭越しに見た茶室、渡り廊下が右手に見えます。


和室
茶室


廊下
渡り廊下

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。


 
author:seiki, category:ひとりごと, 19:52
comments(0), trackbacks(0), - -
年輪の会(仮称)という構想を温めています。
ようやく暖かくなって、体も動かしやすくなりました。
大工は暑い寒いと言っておれない仕事ですが、やはり気候が良いとうれしいものですね。

実はだいぶ前から「シルバー職人のホームサポート」という考えが頭の隅にあって、昨年末のご挨拶状に、少しそれを書かせていただいたところ、面白い案だと興味を持って下さった方がありました。今後じっくり育てていきたいと思っています。

名は「年輪の会」または「シルバーホームサポートクラブ」。

内容は、我々長年建築関連の業務で現場経験を積んできた職人が、社会へのご恩返しに、小さな仕事でも、ボランティア的な仕事でも、喜んで知恵を出し手を動かして、皆様のお役に立てていただこうという考えです。

公的な活動でシルバー人材センター等がありますが、少しだけ専門的な職人版で、大工や左官、設備関連の事でも、ちょっとした修理や造作を気軽に頼める受け皿を作りたいという事です。

まだまだ中身を整理していかないといけないですが、構想段階でも、こんなこと頼めないかな、相談できないかなということがありましたら、どうぞお気軽に声をおかけください。
 
年輪大
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
ブログ村に参加しています。クリックの応援を、お願いします。
author:seiki, category:ひとりごと, 19:33
comments(0), trackbacks(0), - -